img 株式会社ファンクショナル
トップページ サービス 製品 お知らせ 会社情報 採用情報
img
> トップページ > 会社情報 > 社名について サイトマップ | お問い合わせ

ファンクショナルとは

ファンクショナル(functional)は「機能的」という意味です。ソフトウェアエンジニアにとっては馴染みのある単語です。 ソフトウェア開発においては、サービスや製品に求められる要求や要件を明確化する際の重要な観点である 機能要求(functional requierments)と非機能要求(non-functional requierments)、 機能性(functionality)などとして一般に用いられています。 また、数学での「関数」でもあり、機能美(functional beauty)、機能的アプローチ(functional approch)などとの連想があります。

単に「機能(function)」ではなく、機能が果たせている状態、機能が目的に適っている状態を「機能的(functional)」と呼んでいます。 辞書によると、「Function」の語源は「なしとげること」であり、「al」は「…のような」 「…の性質の」といった形容だそうです。 「Functional」は「なしとげるという性質を持っていること、特定の要件を達成するのに必要十分な性質をもっていること」 となります。「機能的である、機能を果たせる、機能本位である、目的に適っている、実用的である」といった意味になります。

ページの先頭へ

ファンクショナルという社名

ファンクショナルの意味を単に「機能的である」とするのではなく、 「機能が果たせている、機能が目的に適っている状態」と考えていただけると、ファンクショナル社の意図に合致します。 機能構造化の手法を絶対的に推奨するということではありませんし、小役人的な集団ということではありません。

ソフトウェア開発での分析・設計手法には、ダイクストラの提唱から始まる伝統的な機能構造化の手法と、 90年代後半から台頭してきたオブジェクト指向の手法があります。 オブジェクト指向の手法では、UMLを用いたモデリングでシステムの要求や構造を可視化する技法を用いて、 ユースケースドリブン(利用者がどのようにシステムと対話・やり取りを行うかを重視するというアプローチ) で進められます。ただ、オブジェクト指向やユースケース分析は機能を抽出するための1つの技法に過ぎないものです。 ビジネスのゴールや目的を達成するために担うべき機能(組織としての機能、ITシステムとしての機能、 それらを総合したサービスとしての機能)を正しく抽出し、正しく実現するためには、1つの技法だけでは十分ではないかもしれません。 また仮に表現能力を備えた技法であったとしても、一般には利用されていないものかもしれません。

ファンクショナル社は、基本としてオブジェクト指向をベースとしますが、そこで抽出すべき機能を重視しています。 その機能がお客様のニーズに合致し、ビジネスとしての目的を果たせているかを重視します。個々の技法に捉われません。

また、企業が現行業務や現行システムを効率化のために新しいITシステムで改善を図る時代は ほぼ終わっていると考えます。改善をテーマにIT化やITの再構築を進めているところがあるとすれば、 視点を変えるべきでしょう。もっと戦略的なサービスの構築が必要です。現行の置き換えでは投資として不足です。 市場や他社の動向から自社の強みを活かした戦略的なサービスを、人系を含めたITとして考えなければなりません。

ファンクショナル社は、機能重視のアプローチによって、ビジネスアナリシス領域を重視し、企業にとってビジネスにとって真に必要な戦略的なサービス機能の抽出と 構築をご支援いたします。

ページの先頭へ

機能的アプローチ

機能的アプローチは、問題解決の手法です。目前の問題を直接解決しようとせずに、一度ファンクション(機能)に 置き換えてから解決を試みようという考え方です。ファンクション(機能)とは、利用者が真に求めている働きや効果です。 利用者の期待や意図といえます。 問題の対象からあえて離れることにより、固定概念や先入観にとらわれずに問題の解決策を探ります。 目に見えるもの、耳で聞こえるもの、手で触れられるもの、それらは表現されている手段にしか過ぎません。 それら表層の「手段」に意味を求めるのではなく、それを表現させている根源的な「目的」に意味を求める必要があります。 目的となる機能(働き)・効果・意図(期待)こそが達成されるべきものです。

機能的アプローチは、企業の戦略的なサービスや製品を開発するという命題に対しても適用されます。 ソフトウェアエンジニアリングや要求開発において、企業の戦略的なサービスや製品を開発するには、 目的と手段の分離、ボトムアップのゴール指向が重要となります。根源的な目的は、ビジネスビジョンからのトップダウンのゴール指向だけではありません。 むしろ、ボトムアップのゴール指向によって、手の届きそうなワンランク上位の、1歩2歩ほどビジネスビジョンやビジネス価値に踏み込んだゴールを分析することが 効果的です。

ファンクショナル社は、企業にとってビジネスにとって真に必要で戦略的な目的となるファンクション(機能)を明確化し、 最善の手段となるITサービスを具体化していきます。ファンクショナル社は、BABOK(ビジネスアナリシス基礎知識体系)や要求開発アライアンスなどに 代表されるようなビジネスアナリシス領域において、強みを持っております。

ページの先頭へ
前のページへ戻る

会社情報へ

img
プライバシーポリシー | このサイトについて | リリースノート | お問い合わせ | サイトマップ