img 株式会社ファンクショナル
トップページ サービス 製品 お知らせ 会社情報 採用情報
img
> トップページ > サービス > 開発側ベンダ支援サービス サイトマップ | お問い合わせ

開発側ベンダ様をご支援するサービス

ファンクショナル社がシステム構築を担当されるSIer様やソフトウェアハウス様などへ提供させていただくサービスは、以下のとおりです。


【SD1】要求開発支援ビジネスアナリス領域を開発側ベンダ視点でご支援します。戦略的なサービスの候補を抽出し、プロジェクトとして優先的に対応すべきサービスや製品を絞り込んで、要件を整理し、開発計画を立案します。
【SD2】システム要件定義支援対象となるサービスや製品がほぼ見えている状態でのシステム要件定義を支援します。前述の要求開発に不足がある場合は、相当する業務分析・ゴール分析・SWOT分析を含みます。要件定義書の作成までを行います。
【SD3】アーキテクチャ設計支援システム要件定義と平行して行うべき、システムおよびソフトウェアのアーキテクチャ設計を支援します。前述のシステム要件定義に包含されてもよいのですが、ロールが異なる観点からサービスメニューとしては分離して提示しています。
【SD4】プロジェクトマネジメント支援開発プロジェクトの立ち上げから終結まで、要件定義、アーキテクチャ設計、詳細設計・構築・テスト・導入のエンジニアリング・プロセスの管理を支援します。プロジェクトマネージャへの技術支援やプロジェクトマネージャの要員提供といった形態での支援になります。
【SD5】サービスパッケージ提供ファンクショナルで整備している提供可能なサービスパッケージを導入していただく際に、コンサルティングとトレーニングのサービスを提供いたします。
【SD6】開発プロセス構築支援ファンクショナルで整備している開発標準・開発プロセスを導入していただく際に、開発側ベンダ様の組織やプロセス、典型的なプロジェクトの特性に応じてカスタマイズを行い、開発側ベンダ様の開発標準・開発プロセスの整備を支援します。

ページの先頭へ

【SD1】要求開発支援

ファンクショナル社ではビジネスアナリス領域をユーザー側視点で「ビジネスアナリシス」と呼び、開発側ベンダ視点で「要求開発」と呼ぶことにしています。ビジネスアナリシスは、エンタープライズ分析からサービスマネジメントまでを含めて継続的なサービス改善までを明確に意識していますが、要求開発は対象とするサービスのライフサイクルの範囲が狭いものを想定しています。

対象となるサービスやITシステムがおぼろげにしか見えていない状況において、ビジネスアナリス領域を開発側ベンダ視点でご支援します。業務分析、ゴール分析、SWOT分析により戦略的なサービスの候補を抽出し、プロジェクトとして優先的に対応すべきサービスや製品を絞り込んで、要件を整理し、開発計画を立案します。

具体的には、ユーザー側からの提案依頼書(RFP)に対する提案書の作成や、それに相当する開発構想書を作成します。プロジェクトマネジメントの観点では、スコープ定義書とプロジェクト計画書に相当します。

ページの先頭へ

【SD2】システム要件定義支援

対象となるサービスや製品がほぼ見えている状態でのシステム要件定義を支援します。

前述の要求開発に不足がある場合、つまり、対象となるサービスや製品がはっきりしない状況の場合には、要求開発の範囲に踏み込んで、業務分析・ゴール分析・SWOT分析から始めます。戦略的なサービスの候補を抽出し、プロジェクトとして優先的に対応すべきサービスや製品を絞り込み、サービスや製品のシステム境界を明らかにします。

具体的には、要件定義書の作成までを行います。後述のアーキテクチャ設計を含んでもよいのですが、サービスメニューとしては分離して提示しています。システム要件定義では、システムと外部の境界を明らかにし、利用者や外部とのやり取りを明確化します。その意味において画面仕様などの外部設計を包含しており、基本設計の一部を包含した範囲になります。

ページの先頭へ

【SD3】アーキテクチャ設計支援

システム要件定義と平行して行うべき、システムおよびソフトウェアのアーキテクチャ設計を支援します。システム要件定義に包含してもよいのですが、サービスメニューとしては分離して提示しています。

具体的にはソフトウェアアーキテクチャ設計書の作成までを行います。このソフトウェアアーキテクチャ設計書をベースに詳細設計に移行することになります。基本設計の大半に相当します。

ページの先頭へ

【SD4】プロジェクトマネジメント支援

ファンクショナル社では、エンジニアリング・プロセスとしては要件定義とアーキテクチャ設計までを支援します。それ以降の詳細設計・構築・テスト・導入については、現在対応できるだけの陣容を確保できておりませんので、サービスメニューとしても用意していません。システム要件定義とアーキテクチャ設計以降のプロセスにおいては、プロジェクトマネジメント支援としてプロジェクトマネージャへの技術支援やプロジェクトマネージャの要員提供といった形態での支援が可能です。 開発プロジェクトの立ち上げから終結まで、要件定義、アーキテクチャ設計、詳細設計・構築・テスト・導入のエンジニアリング・プロセスの管理を支援します。

ページの先頭へ

【SD5】サービスパッケージ提供

ファンクショナルで整備している提供可能な演習システムパッケージ、エンジニアリング教育パッケージを導入していただく際に、コンサルティングとトレーニングのサービスを提供いたします。パッケージや教材を、開発側ベンダ様の組織やプロセスの特性に応じてカスタマイズを行います。

※提供可能なパッケージの詳細については、【SP1】演習システムパッケージ【SP2】エンジニアリング教育パッケージ を製品のページから参照ください。

ページの先頭へ

【SD6】開発プロセス構築支援

ファンクショナルで整備している開発標準・開発プロセスを導入していただく際に、開発側ベンダ様の組織やプロセス、典型的なプロジェクトの特性に応じてカスタマイズを行い、開発側ベンダ様の開発標準・開発プロセスの整備を支援します。WBSの作成、開発プロセスの定義、作業成果物テンプレートの作成、ガイダンスの作成、トレーニング、パイロットプロジェクトへの適用支援などを行います。

※提供可能なパッケージの詳細については、【SP3】標準開発プロセスパッケージ を製品のページから参照ください。

ページの先頭へ

サービスについてのご用命・ご質問はお問い合わせフォームからお願いいたします。お問い合わせ

サービスへ
ユーサー側企業支援サービスへ
エンジニア支援サービスへ

img
プライバシーポリシー | このサイトについて | リリースノート | お問い合わせ | サイトマップ